ボールペンを模索する

最近買ったボールペンの書き味が凄い良くてなんか嬉しい。

筆記用具ってなかなかしっくりくるのが来なくて、これだ!って言うのって滅多にないんだよな。

シャーペンよりボールペン使う方が多いんだけど、油性のボールペンってのはどうにもあのインクが気に入らなくて。

友達に勧められたボールペンは油性だけどかなり良くて、しばらくメインで使ってた。

でもずっと使ってるとなんとなーく飽きちゃうんだ。

気に入らなくなったんじゃ無くて飽きちゃうの。

もっと他に好みの書き味したペンがあるんじゃないかって思ったら試さずにはいられないって言うか。

そんで今度は油性インクから水性インク、ゲルインクって試して回ってようやく落ち着いたとこ。

インクのタイプが決まったら今度はペン先の太さが気になる。

油性インクの時は0.7をメインにしてたんだけどさ、ゲルインクになると書く線が太すぎるような気になってくる。実際太い。

だから0.5とか0.3辺りを試してみたら、それでも太い気がする。

結局いまは0.38のペンを使ってる。

細くて手帳に書き込むには持って来いだが、線が細いと余白が凄い目立って気になる。

なんか、どこも一長一短つーか。

用途に合わせて使い分けるのが正解なんだろうな。

一本のペンで色んなシーンをカバーしようってのがそもそもの間違いなんだろうな。

でもそうすると今度は持ち歩くペンの量が増えて良く無い。

なるべく一本で済ませたい。

だからと言って多色ペンホルダーにサイズ違いで詰めても、インク量が少なくて嫌なんだよな。

インク大容量で、数種類のサイズを一本にまとめられたらいいのに。

まあ、今のボールペンの書き味は凄く気に入ってるんだけどさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です